住宅耐震化事業

近い将来起こり得るであろう東南海・南海地震に備え、町では、地震に強いまちづくりを進めるため、住宅耐震化事業を実施しています。

美浜町住宅耐震診断事業

補助額

■耐震診断

 ★(国・県・町補助) …町が委託する和歌山県建築士会による 耐震診断に要する経費の全額

次の要件すべてに該当する住宅の耐震診断が対象です。

  1. 美浜町内に存する民間のもの
  2. 平成12年5月31日以前に着工された専用住宅、併用住宅、長屋、共同住宅
  3. 地上階数が2以下で、かつ延べ面積が200平方メートル以下のもの
  4. 構造が次の工法以外の木造であるもの
    • 枠組み壁工法
    • 丸太組工法
    • 建築基準法(昭和25年法律第201号)旧第38条の規定に基づく認定工法

申込み方法

美浜町木造住宅耐震診断申込書に必要事項を記入のうえ、防災企画課まで申し込みしてください。

美浜町木造住宅耐震診断申込書(186KB)

耐震診断 記載例(179KB)

※各年度毎に申込期日がありますので、申し込みの際はご注意ください。

美浜町住宅耐震化事業

補助額

●補助内容【一戸建て住宅の場合(次のAまたはB)】
 

 A:耐震補強設計費と耐震改修工事費をまとめて補助する場合(H30年度からの新制度)
   耐震工事費の40%(上限50万円)+66.6万円(固定額)
 

 B:耐震補強設計費と耐震改修工事費を個別に補助する場合
    耐震設計費の2/3(上限13.2万円)
    耐震工事費の2/3(上限60万円)+耐震工事費の11.5%(上限41.1万円)
※千円未満は切り捨て
※Bで設計補助を受けた場合はAを申し込むことはできません。
※長屋・共同住宅については補助額が異なるため、問い合わせください。

●申し込み条件・・・下記1~2の要件をすべてみたすこと。
1.上記(1)~(5)の条件に当てはまること
2.住宅耐震診断で、評点が木造は1.0未満、非木造はIs値0.6未満またはq値1.0未満(第1次診断法による場合はIs値が0.8未満)であること
  補助金計算例(平成12年5月31日以前着工の住宅、設計費30万円、改修工事費360万円の場合)
(Aの場合=設計と改修工事の総合的な補助※平成30年度からの新制度)
   360万円×40%=144万円→50万円(限度額)・・・・・ア
   66.6万円(固定額)・・・・・・・・・・・・・・・・・イ
   補助金額(ア+イ)=116万6千円となります。
(Bの場合=従来の設計と改修工事を個別に補助)
   設計補助・・・30万円×2/3=20万円→13万2千円(限度額)・・・・・ア
   改修補助・・・360万円×2/3=240万円→60万円(限度額)・・・・・・イ
          360万円×11.5%=41万4千円→41万1千円(限度額)・・・ウ
   補助金額(ア+イ+ウ)=114万3千円となります。

申込み方法

美浜町住宅耐震化事業補助金交付申請書に必要事項を記入のうえ、防災企画課まで申し込みしてください。

耐震化事業 様式(耐震設計)(119KB)

耐震化事業 様式(建替・改修)(118KB)

耐震化事業 様式(総合型).pdf(123KB)

 

 

※各年度毎に申込期日がありますので、申し込みの際はご注意ください。

お問い合わせ

防災企画課
電話:0738-23-4902