個人情報保護条例について

美浜町個人情報保護条例(平成17年4月1日施行)は、個人情報の収集や利用に関する基本的なルールと、皆様が町の保有する自己の個人情報を見たり、その誤りを訂正することができる権利を定め、個人情報の取り扱いが適正に行われることを確保するとともに、プライバシーなど個人の権利権益を保護することを目的としています。

実施機関

  • 町長
  • 教育委員会
  • 選挙管理委員会
  • 監査委員
  • 農業委員会
  • 固定資産評価審査委員会
  • 議会

個人情報とは

個人に関する情報で、特定の個人が識別できるものです。
具体的には、氏名、住所、生年月日、学歴、職業、所得、資産、心身の状況など特定の個人に関する全ての情報をいいます。

個人情報の適正な取り扱い

収集の制限

個人情報を収集するときは、その目的を明確にし、必要な範囲内で、原則として本人から収集します。
また、思想、信条、宗教や社会的差別の原因となるおそれのある個人情報は、原則として収集しません。

利用・提供の制限

収集した個人情報を目的の範囲を超えて内部で利用したり、外部に提供したりすることは、原則として行いません。

個人情報の開示請求権・訂正請求権・救済手続き

  • 町の公文書に記録されている自己に関する個人情報の開示を請求することができます。
    また、法定代理人が本人の代わりに請求することもできます。
  • 町の公文書に記録されている自己に関する個人情報が事実と違うと思うときは、その訂正を請求することができます。
  • 定められた手続によらないで自己に関する個人情報が収集、利用、提供されていると思うときは、その消去や利用・提供の停止を請求することができます。
  • 前記の請求に対する町の決定に不服があるときは、行政不服審査法に基づく不服申立てをすることができます。

開示出来ない情報

請求のあった個人情報は、原則、開示しますが、例外として次のようなものは本人であっても開示できない場合があります。

法令等の規定により非開示とされている情報

法令や他の条例の定めるところにより、開示することができないと認められるもの

第三者の権利利益を侵害するおそれがある情報

開示請求者以外の第三者に関する情報が含まれている場合であって、開示することにより、第三者の権利利益を侵害するおそれのあるもの

法人等の利益を害する情報

法人等に関する情報であって、開示することにより、法人等の利益を害すると認められるもの

公共の安全と秩序の維持に支障が生じる情報

人の生命、身体又は財産の保護、犯罪の予防その他公共の安全と秩序の維持に支障が生ずるおそれのあるもの

意思形成に支障が生じる情報

町又は国等の審議、検討、協議に関する情報で、開示することにより、率直な意見の交換や意志決定の中立性が損なわれるおそれのあるもの

事務事業の適正な遂行に支障が生じる情報

町又は国等が行う事務事業に関する情報で、開示することにより、事務事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれのあるもの

個人の評価、診断等に関する情報

個人の評価、診断、判定等に関する情報であって、開示することにより、事務の適正な遂行に支障を及ぼすおそれのあるもの

未成年者の権利利益を侵害するおそれのある情報

法定代理人が開示請求した場合に、開示することにより、未成年者本人の権利利益を侵害するおそれのあるもの

請求の方法

原則として、役場総務政策課へお越しいただき、「個人情報開示請求書」に住所、氏名、請求する個人情報の内容などを記入のうえ、提出していただきます。
その際、本人であることを証明する書類(運転免許証等)の提示が必要です。

開示・非開示の決定

開示請求があった日から15日以内に開示するかどうかの決定を行い、決定通知書によりお知らせします。
(やむを得ない理由がある場合には、決定までの期間を延長することがあります。)

開示の方法

決定通知書に記載されている日時、場所において行います。
個人情報の閲覧は無料ですが、写しの作成やその送付(郵送)に要する費用については、実費を負担していただきます。

個人情報開示請求の流れ

kojinjoho.gif

 平成28年度 個人情報保護制度の実施状況

開示請求がありませんでした。

お問い合わせ

総務政策課
電話:0738-23-4901